1. HOME
  2. 製品コラム
  3. 公称電圧が12Vのモータを24Vで駆動するとき、気をつけることとは

COLUMN

製品コラム

公称電圧が12Vのモータを24Vで駆動するとき、気をつけることとは

  1. 高速域(低トルク域)での利用をご検討の場合
    公称電圧を変えても、カタログデータ13行目の「回転数定数(rpm/V)」は不変のため、無負荷回転数が概ね2倍となります。このとき、以下の点についてご確認ください。
    ・カタログデータ23行目の「最大許容回転数」
    ・摩擦トルクの影響(ベアリング摩擦や鉄損)
    ・コントローラの出力電圧、最大回転数(こちらの製品コラムをご参照ください)、最大入力周波数
    ・ギアヘッドの最大連続入力回転数(ギアヘッドを取り付ける場合)
    ・エンコーダの最大許容回転数および最大周波数(エンコーダを取り付ける場合)
    ・DCタコのロータ軸の共振周波数(DCタコを取り付ける場合)
    ・ボールネジの最大許容回転数(ボールネジを利用する場合)
    ・その他、アプリケーションに固有の確認事項(例:作動音)

    注:コア付き巻線タイプのブラシレスモータ(EC-i、EC flat、EC frameless、ECX Torque)を高速域でお使いの場合は、回転数定数をカタログ値から計算し直す必要があります。詳しくはこちらの製品コラムをご参照ください。

  2. 低速域(高トルク域)での利用をご検討の場合
    カタログデータ14行目の「回転数/トルク勾配(rpm/mNm)」、12行目の「トルク定数(mNm/A)」は不変のため、停動トルクおよび電流が概ね2倍となります。このとき、以下の点についてご確認ください。
    ・モータの焼損保護の検討(こちらの製品コラムをご参照ください)
    ・コントローラの最大出力電流
    ・ギアヘッドの効率低下
    ・その他、アプリケーションに固有の確認事項(例:ケーブル径)

公称電圧が12Vのモータを24Vで駆動するとき気をつけることとは