1. HOME
  2. 応用分野
  3. 工作機械

APPLICATION

応用分野

工作機械

工作機械

工作機械とは、主に金属に加工を施すための機械のことを指します。
工作機械の現場では、加工対象部の加工精度の向上、装置の小型化が常に求められています。複雑な形状の加工を施すために工作機械を動かすドライブシステムには高精度であることが必要とされます。幅広いラインナップのmaxonコンパクトドライブシステムは、あらゆる運転範囲で安定した回転性能により多くの駆動部で運転可能です。

主軸モータ(スピンドル)部分の電動化が進み、maxonでは超高速回転(100,000rpm~)のブラシレスモータの提案が可能になりました。
また、以前は各社独自のプロトコルに基づくインターフェースで内部をつなげる必要がありましたが、maxonコンパクトドライブシステムIDXシリーズやEPOSシリーズのEtherCAT通信により、高度な同期性能がより簡単に得られるようになりました。

カスタマからのモータへの要求: maxonのカスタム対応:
・高いトルク密度(軽量)
・高速回転
・高ピークトルク
・高寿命(ブラシレス)
・ベクトル制御
・堅牢
・シャフト・モータフランジ形状
・低バックラッシュギアヘッド
・ボールねじ内臓ギアヘッド(リニアアクチュエーター)
・防水
・ドライブ回路内臓(位置制御回路)
・保持ブレーキ

採用製品:
コンパクトドライブシステムIDXシリーズ

IDX56位置制御ユニットEPOS4を内蔵したブラシレスIDX maxonモータ
標準仕様でオートチューニングを提供、より高い出力、保護等級IP65に準拠

リンクはこちら

IDXシリーズの概要はこちら
(maxon カタログのPDFが開きます)
IDXに関する情報はこちらにも掲載しています

 


EPOS

EPOSエンコーダ付きDC/ECモータ用位置制御ユニット
CANopenまたはEtherCATインターフェースとDual Loop Control に対応したEPOS(Easy Positioning System)

リンクはこちらEPOSシリーズの概要はこちら
(maxon カタログのPDFが開きます)

 

 

ECX SPEED プログラム

ECX

高回転数(最大120,000 rpm)に適し、極めて高速かつスムーズな動作
低騒音、低振動、コアレス巻線によりコギングトルクなし

リンクはこちらECX SPEED プログラムの概要はこちら
(maxon カタログのPDFが開きます)